中高一貫教育

6年間を見通した教育課程のもと、授業や行事を通して、優れた知性と豊かな心を育みます。

          予餞会後卒業生を囲んで
 
 本校は併設型の中高一貫校です。すべての学校行事に中高の隔てはなく、中学1年生から高等学校3年生までが一緒に活動をします。施設・設備の利用にも中高の区別はなく、学内では中学1年生から高校3年生を1年生から6年生と呼び、中学校に入学した生徒は全員、6年間この学校で過ごすことになります。
 授業担当教員も中高の区別はありません。6年生(高校3年)の朝礼を終えた後、2年生(中学2年)の授業を行い、次の時間に5年生(高校2年)の授業を行うこともあります。そのような中高一貫教育は日常のものになっていて、生徒も教員も特に意識はしていません。中学生と高校生がともに学び、生活している学校です。

学力向上
中高一貫教育のメリットを活かしたカリキュラムを展開。
高校入試による無駄な足踏みを省くことで授業時間を確保し、効率良く力をつけていきます。
人格形成
心身ともに大きな成長を遂げる青春の6年間。
心の教育にも力を注ぎます。多種多様な活動を通して中高生がかかわる中で、高校生が中学生を教え導くといった姿もみられます。
6年間という時間を通して、”他者の為の人”へと成長していきます。

 学力向上と人格形成は別物ではありません。車に例えるならば”両輪”です。片方だけが回転しても前進できないように、学力向上と人格形成の双方が備わってこそ、本校の教育が目指す生徒像であると考えています。

学校行事カレンダー

カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

2017年10月

サイト内検索

アクセスマップ

アクセス