特色ある教育活動

宗教教育

宗教教育
 『聖書』により、イエス・キリストの教えを学びカトリックの世界観に基づいた全人格形成における情操教育を具体的に行っています。神への祈りの大切さ、人への奉仕の必要性、真理の探究が人間の存在価値と大きく関わっており、これらを深く認識し、より豊かな人生を生きるために学びます。

宗教教育のページへ

英語力向上と国際教育の充実

英語力向上と国際教育の充実 英語力向上及び国際感覚を身につけるため、アメリカ人ネイティブスピーカーを採用し、授業時以外でも広く英語指導ができる体制を整えています。更に校内におけるスピーチコンテスト(審査員に大学の先生をお招きし)では、9月に開催することで英語に対する生徒の意識が更に高揚しています。その結果、外部主催のコンテストにも積極的に参加し優秀な成績を収めています。
また、本校は英検準会場に指定されており、1年に1度英検の全員受験を実施しています。年間を通して放課後の英検対策講座を開講しています。学年に関係なく自分の実力に合ったレベルをフリーに受講できるシステムで、中学1年で3級合格はもとより、中学2年ながら2級合格する生徒なども出ています。

 生徒たちに国際人として視野をひろげる機会を創出するため、以下の事業を展開しています。
1. 留学生受け入れ事業への協力の準備
2. 海外短期研修や海外留学に関する相談受付とさまざまな情報提供

ボランティア活動

 2002年度より宜野湾市のボランティア活動協力校として指定を受けており、これまで継続した活動を行っています。養護学校との交流会、パレットくもじ前においてのメイク・ア・ウィッシュ街頭募金活動、12月には宜野湾市の車椅子マラソンの手伝いや応援を行うなど幅広い活動を展開しています。

  ボランティア活動のページへ

ボランティア活動

平和学習

平和学習

 本学園では6月を平和月と定めています。これは、先の沖縄戦において今日の平和の礎として犠牲になられた多くの御霊が、神の国で安らかに憩うことを祈り、現代に生きる我々が二度とあのような悲劇を繰り返さないように、生命の尊重と、世界の恒久平和について真剣に考えることを目的としています。

精神力の育成

 中学生の体育の授業では3年間で70単位時間を”武道”の時間として、男子は剣道、女子はなぎなたを取り入れています。中学3年の2月には3年間の集大成として武道大会を実施しています。試合運営から審判まで生徒自らが行う自立した大会です。

セキュリティー・安全対策について

 AED(自動体外式除細動器),赤外線センサー(夜間のみ稼働)の設置と自動火災感知システムを導入しています。またAED・蘇生法の講習会や、避難訓練を実施しています。学校警察連絡協議会に加盟し、いち早く情報を入手することが出来ます。今後は、一斉メール配信〔任意登録〕機能を利用して保護者の皆様にも必要な情報をお届けしていきます。その他、教員による登下校指導の実施や来校者の登録を義務化させるなどハード面とソフト面の両方から対応しています。

図書館の整備・充実度

 本校は沖縄県の「図書館ナノ」実現に先駆け、モデル校としていち早くコンピュ−ター導入を進めてきました。学校図書館は教育現場であることを考慮し、自動化しない部分を残しながら先生や図書委員の活躍の場を提供しつつ、トータルとして効率的・教育的価値を持たせたシステムを構築しています。スピーディーな貸し出しが読書量に表れています。本校の生徒一人あたりの読書量の平均は沖縄県平均の約2倍です。

学校行事カレンダー

カレンダー
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

2017年12月

サイト内検索

アクセスマップ

アクセス