国語・社会・理科・数学・英語の指導

国語

   本校の教育理念に基づき、国語科では、総合的な国語力と、これに付随して必要となる思考力、
  想像力、判断力等を養い、 適切且つ体系的な学習指導を行うことで、生徒の人間形成に深く資す
  ることを目的とします。

具体的な学習指導
 
 〈基礎的な学習〉
   中学1・2年生のうちから継続的に漢字の読み書きや語句の意味、文章表現の特徴等の基本的な知
   識・学力をしっかりと身に付けさせます。具体的には、中学生に教科書のみならず漢字検定の範囲も
   含めた漢字テストを毎週実施し、定着を図ります。表現活動に関しても定期的に取り入れています。
 〈現代文・表現の指導〉
   基礎的な学習をもとに、思考力・想像力・幅広い知識の獲得を目指しています。また、文章読解の方
   法についても中学1・2年生から指導を行い、獲得した知識・技術を適確に発揮できるような指導を行
   っています。
   また、読解技術を応用させた表現の指導や、読書指導とも関連させ、知識を表現に結びつけていくよ
   う指導しています。 
 〈古典の指導〉 
   古典文学(古文、漢文)については、以下のように行っています。
   中1・中2…基礎的事項の習得(歴史的仮名遣い・古典常識・書き下し文・文語文法の基礎[中2前半ま
   でに口語文法を学び、関連して学習など)
   中3・高1…文語文法・漢文句法の習得・文章を用いた演習
   高2・高3…入試実践力育成 
 〈書写の指導〉 
   書写は、文字言語による伝達能力を高める手段とし、特に文字指導を念頭に置き、硬筆と毛筆のそれ
   ぞれにおいて、正しく理解し読みやすい文字を書くことのできる能力を培うよう指導を行っています。 
 〈読書指導〉
   各学年において、文学に親しむ心を養うとともに知識を深め人生を豊かにするよう指導を行っています。
   日頃の読や本校で行っている朝読書に対するアドバイスも行っています。受験を控えた高校生に対し
   ては、小論文や面接を見据えたものもすすめています。
国語科の大学入試センター試験対策・課外講座

<大学入試センター試験対策> 
センター試験に関しては生徒の進路に応じて教科内で目標得点を設定し、授業や下記に示す講座などで対策を行います。
<課外講座>
以下のように、平常授業時・長期休暇中に開講する講座に関連性を持たせ、継続指導を行っています。また、課外講座とは別に、授業の内容を定着させるための補習も適宜行っています。

国語科講座

社会

 社会科は、基礎的事項の徹底習得を基盤とした応用力、課題発見と解決といった分析力、また論説などにみられる表現力の育成を目標として日々の指導にあたっています。
中学校では中1で地理分野、中2で歴史分野、中3では公民分野を学習します。
高校では必修の世界史をはじめ地理・日本史・政経・倫理などの地歴科・公民科の科目を展開しており、各々の大学受験パターンに合わせて授業を選択することができます。中学校で身につけた応用力、分析力、表現力をもとに、国公立・私立大学受験へ対応できるための知識の修得を目指します。

理科

理科授業風景 中1・中2では小学校との関連事項を無理なく導入し、実験・観察を通して自然に対する関心や意欲を高め、科学的に調べる能力を育てることに重点を置き、さらに自然事象についての知識や理解を深めるように指導しています。
中3・高1では発展的学習内容を積極的に扱い、さらに科学的な見方や考え方を発展させ、論理的思考力を養うように指導しています。
高2・高3年生では、特別進学コースでより高度な内容を扱い、国公立大学の個別学力試験や私立大学の一般入試に対応しうる学力を養い、また、総合進学コースでは基本的内容を充分に習得させ、大学入試センター試験問題レベルに対応しうる学力を養うように指導しています。特に、高3では「発展物理」「発展化学」「発展生物」の演習科目を設け、さらに夏・冬期講座においても個別にきめ細かい指導を行っています。

指導目標
  • 自然に対する関心を高める。 (関心)
  • 観察、実験などを行う。 (技能)
  • 科学的に調べる能力と態度を育てる。 (態度)
  • 自然の事物、現象をについて理解を深める。 (理解)

数学

 数学の授業では、“想像する力”と“創造する力”の育成をもとに、考えること、疑問を持つことの大切さを教えています。2009年度から中1・中2で習熟度別クラスでの授業、中3から高3まではコース別授業を行なっています。
これまで以上に、個々の生徒の学力にあった細やかな指導を行ないます。生徒一人ひとりが自分の希望する進路に進むことができるよう教師全員でサポートしていきます。

英語

英語授業風景

 昨今、早くから英語に触れる機会が増えています。本学園でも幼稚園から英語教育が始まり、中学校入学時点で英検3級を取得している生徒や、英語に高い興味を持った生徒もたくさんいます。逆にそういった環境に中学校から飛び込んでくる生徒達には不安を抱えているがために苦手意識という壁を創ってしまっている生徒もいるようです。本校の英語教育は、各々の生徒の“英語との出会い”を大切にし、生徒一人ひとりの力や興味をしっかりと見極め適切な指導を行っていきます。
単に外の国の言葉を学ぶのではなく、英語を通して広がる世界を生徒一人ひとりに伝える授業を、徹底的に行います。外国人教師による英会話の授業も単にコミュニケーション能力を養うことだけが目的ではありません。コミュニケーションを通して様々な知識や問題解決能力を養い、自分自身が真の国際人としてどう成長するのかが大切です。

習熟度別授業

 中1と中2年の授業の一部を習熟度別に行い、それぞれのペースに合った授業を展開し、生徒一人ひとりの力を伸ばしています。中3では週6時間の全てをコース別で展開します。

英検取得に向けて

 本校は英検準会場指定を受けており、生徒には年に一度の全員受験を課しています。そのため、一年を通して放課後の英検対策セミナーを行っています(「二次対策」については無料)。学年に関係なく自分の目指す級の講座にフリーに参加できるため、個々の実力に合わせた指導を可能としてます。

英語スピーチ

 授業の中で英語スピーチ発表を行うのが本校の英語教育の伝統のひとつです。スピーチ作成から発表方法までの細かい指導を行います。県内大学の先生を審査員にお招きし、各学年から選出された弁士による校内英語スピーチコンテストを毎年開催しています。中学の部・高校の部で最優秀賞に輝いた生徒は学外のコンテストに推薦され、全沖縄高校生英語弁論大会において優秀賞を受賞した生徒もいます。

学校行事カレンダー

カレンダー
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

2017年12月

サイト内検索

アクセスマップ

アクセス