美術・音楽・書道・体育・家庭の指導

美術(芸術美術)

目標

(1) 美しい物を「美しい」と感じ、楽しく表現できる工夫・創造力を養う。
(2) 多種多様の素材を上手に使い分け、「美」の表現を高める。
(3) 表現が個人の感情・思想に近づけられるようにし、感性豊かな生徒を育てる。 
(4) 美術関連の進路を目指す生徒に対して、より専門的な技術・知識を学ばせ、向上心を養う。

各学年の授業内容
[中1]・・・造形表現の基礎・基本的な技術と知識の習得
前期: 後期:
水彩画技法  図法「遠近・投影」  彫塑 レタリング   藍染め   切り絵
[中2]・・・各種素材の表現を広げ、色彩の知識を得る
前期: 後期:
コラージュ  ワイヤーアート  漆喰シーサー ライトスクラッチ  紙漉  砂絵
[中3]・・・絵の具の原理と版画技法の習得
前期: 後期:
絵の具製造  ドライポイント  シルクスクリーン 印  ステンドグラス  ゾートロープ
[美術I]・・・映画製作と工芸に関する知識を学ぶ
前期: 後期:
映像  DVDジャケット 紅型  螺鈿  陶芸
[美術II]・・・環境の中のデザインと表現及び受験対策
前期: 後期:
頭像  ヘアメイクデザイン  シルバーリング  デッサン  平面構成  立体造形
[発展美術]・・・進路に合わせた専門的知識と技術を養う
前期: 後期:
製図  創作デザイン(設計と立体造形)  

授業内容

美術担当から

 教科目標でも挙げたように、生徒達が楽しめるような課題を考えています。
 美術・音楽・書道などの芸術系教科は、「心を育てる・心力をつける」と考えているので、上手下手に重きを置いていません。生徒達が如何に楽しみ、創造力をフルに生かせるような制作が出来ればと思っています。

音楽(芸術音楽)

・様々な活動を通して、音楽を愛好する心情、「感動する心」を育てていきます。
・聖歌の歌唱(神への祈り、感謝の心)やクラス合唱、合奏(周りの人を大切にし、神に与えられた資質や能力を十分に生かす)など本校の教育理念に基づき、「心」を大切にした音楽指導を行っていきます。
・音楽への興味、関心、理解を深め、イメージすることや工夫して表現する能力を伸ばしていきます。

音楽授業風景
中1〜中3音楽・高1〜2芸術音楽の授業内容

♪聖歌、合唱曲などの歌唱  ♪リコーダー、ミュージックベルなどの器楽  ♪多様な音楽の鑑賞
♪オルゴールを使ったメロディ創作   ♪基礎的な楽典、聴音 など

発展音楽[高3自由選択]の授業内容

音楽大学への進学希望者のためのクラスで、楽典や聴音を中心に入試に向けて指導します。 

担当より

楽しみな授業、待ち遠しい授業を目指しています。音楽で一緒に「感動」しましょう

 

書道(芸術書道)

目標

・墨の香の漂う中で、美しい文字を学び、毛筆書の基本点画の技法を習得する
・沈思黙考し、書を楽しむ
・ペン・毛筆での実用書を学ぶ
・古典臨書を深め、自己の書風を磨く
・書作品を鑑賞する

担当より

 メール時代に直筆の手紙。なんと貴重なものでしょう。ペンや筆で手紙を書くと時間がかかります。道具も揃えなければなりませんが、たとえ達筆達文でなくとも、そこからは印字では味わえない温かさが伝わってきます。
 あなたが書く文字には、あなたの心が染み通っているからです。
 中学校の書写(国語科)で美しい文字を広く学び、高校の書道で個性を磨き、自己の書風を確立していきましょう。書写検定も取得できます。肉筆文字は人類の平和の歴史です。

 

体育

体育授業風景  中学生、高校生に体育は好きですかと聞くと、「もともと運動が得意で体育が好きだった」あるいは「小さいころから運動が苦手で小学校時代は運動会が嫌いだった」の二つに分かれます。

 新入生の体育の授業で、「先生はどちらかと言うと運動が好きで得意な子どもではありました。そして、音楽の笛が上手に吹けず、来週笛のテストだと聞くと、上手になるための努力もせずに、逃げていたような子どもでした。」と話します。

 人間には得意、不得意は当然あること。本校の体育授業を通して、運動が得意な人は不得意な者の気持ちを自分に置き換え理解することを、一方、運動が不得意な人は、嫌だ嫌だで、逃げるのではなく、努力する姿勢を持つことを学んで欲しいと思っているのです。
 学校生活のあらゆる学習の場面の気持ち作りの基礎と考え下記に示す(1)〜(3)を指導重点目標としています。これは高い運動技術の更なる習得はさることながら、学校でもひときわ動きのある授業の中で、社会性や協調性、ルールの中で前向きに頑張る姿勢を身につけるものです。

指導重点目標

(1) 正しい挨拶(TPOに応じた挨拶の徹底)

(2) 時間の厳守(チャイムと同時に授業開始・終了後のすみやかな更衣・次の授業に支障をきたさない行動)

(3) 正しい着装と参加姿勢(公私の場の区別をつけること・忘れ物をしないこと・見学届等の提出の徹底)

 本校の体育の授業の大きな特徴として、中学生は武道(男子は剣道、女子はなぎなたを)を実施しています。また、外部施設(沖縄スイミングスクール)を利用しての水泳授業。本校施設と第2グランド(沖縄国際大学向かい)を使い、基礎体力の向上から、高い運動スキルの習得を目指しています。
 体育が好きな人は技術を伸ばしもっと好きになるように、そうではない人は、まずは小さな勇気と努力が「やれば出来た」という達成感につながるように、生徒自身の自主性や、「自ら起こすアクション」を大切に授業を展開しています。

家庭科

目標

(1) 自己の生活と家庭の生活との関係について理解させ、家庭生活をよりよくしようとする態度の育成。
(2) 五大栄養素の特徴と青少年期に大切な食生活を理解させる。
(3) 人の一生と家族・福祉・衣食住・消費生活に関する知識と技術を習得させ、家庭生活の充実向上を図る実践的な態度の育成。
(4) (1)〜(3)を通して、「自立した生活ができる生徒」の育成を目標とする。

各学年の授業内容
[中1]

(1) 消費生活と環境についての基本、基礎的な知識と技術の修得。
・消費生活と環境について 環境に関するレポート作成・栽培
・マイバッグの製作 環境に関するレポート作成・栽培実習

[中2]

(1) 作業着(調理実習で使用するエプロン)の制作を通して生活と衣服の関係について理解させ衣生活を快適にする能力の育成。
(2) 青少年期の食生活を座学学習し、栄養及び食品の性質と選択に着いて理解させこの時期にふさわしい食事を計画的に整える能力を養う。
・エプロン制作 ・沖縄県の食材の特徴と伝承料理についてレポート作成
・五大栄養素について  ・調理実習 ・青少年期の食生活

[中3]

(1) 人の一生(特に乳幼児)についての学習と作品制作
・私の成長と家族・周囲の人々 栽培学習・実習
・幼児のおもちゃ制作

[高1]

(1) 共に生きる・消費を考える・暮らしと食生活・住まう
・生涯発達と私たちの課題  ・私たちの暮らしと食生活 ・消費を考える  ・調理実習 ・ランチバッグとペットボトル入れの制作 ・私たちの暮らしと住まい

担当者より

家庭科授業風景  「衣食住」を快適で、豊かな生活にできる手段を学べる教科でありたいと考えています。
座学学習においては、新しい資料も取り入れながら、生徒が社会の変化に気づき関心がもてるよう工夫しています。

 実技においては、実生活で活用できる作品(マイバッグ・エプロン・ランチバッグ等)を制作します。裁縫実習は苦手意識のある生徒が大半ですので、上手な仕上がりを求めるのではなく、基本的なミシン操作でも形になる方法で指導しています。

家事労働の社会化が進む中で、「生活力のある人間育成」ができればと願っています。

学校行事カレンダー

カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

2017年10月

サイト内検索

アクセスマップ

アクセス